取扱業務・費用

医療過誤

医療過誤について

医療過誤とは医療機関に法的責任がある医療事故のことをいいます。
医療事故には不可抗力で発生する事故もあり、また医療機関に責任がある事故もあります。
医療事故は、患者側として納得できないところがあったとしても、その事故に気づかないことがしばしばあります。
医療事故が起きたときに必要なことは、その原因究明のための情報の開示を求めること、また医療機関に説明を求めること、その責任が医療機関にあるならば(医療過誤ならば)、その責任を認めたうえで謝罪・反省をするよう求め、再発防止に努力させその損害を賠償してもらうことが必要となります。

しかしながら、医療事故が発生したとしても、その事故の責任が医療機関にあるかどうかを確認することは一般的には非常に難しく、仮に医療機関に責任があると推認されたとしても、裁判を起こして戦うことも困難です。
なぜなら、医療機関・医療集団はあまりに専門的・閉鎖的であり、また損害保険会社も医療専門家を常駐させているので、これらと戦うのは一般の人では不可能であるといえます。
そのため、医療過誤事件の解決には弁護士が不可欠であり、また専門的知識のある弁護士・医療チームが存在しないと医療機関に責任を認めさせることができなくなります。
カルテなどの改ざんを防いだり、原因究明のためにも、カルテ等の診療録を事前に保全しておく「証拠保全」という手続きを行うこともあります。
このような専門的な手続きが必要なため、医療過誤で悩まれている方は、すぐに弁護士に相談することが大切です。

弁護士法人FLATでは、大学の名誉教授である経験豊富な医師の先生方の協力を得ながら、医療過誤事件に対応していますので、医療過誤に関する問題の適切な解決に向けて全面的にサポートいたします。まずはお気軽にご相談ください。

弁護士報酬基準

※下記はすべて消費税抜きの表示です

法律相談

法律相談
初回 60分無料
(60分を超えるとき30分ごとに5,000円)
2回目以降 30分ごとに5,000円

交渉・調停・訴訟

着手金
300,000円~
  • 調停・訴訟の場合、日当として、その業務が1日かかるときは50,000円、半日かかるときは30,000円が発生いたします。
  • 調停・訴訟の場合、別途交通費が発生いたします。
  • 調停・訴訟に必要な実費(収入印紙代・郵便切手代等)があるときは別途ご負担いただきます。
報酬金
経済的利益の額 報酬金額
300万円以下の場合 16%
300万円を超え
3,000万円以下の場合
10%+
180,000円
3,000万円を超え
3億円以下の場合
6%+
1,380,000円
3億円を超える場合 応相談

証拠保全

証拠保全
200,000円〜
  • 証拠保全に必要な検証費用(立会人の費用など)は、別途ご負担いただきます。
  • 詳しくは弁護士にご確認いただきたくお願い申し上げます。
  • 遠方地の検証の場合、別途交通費が発生いたします。
  • 証拠保全申立に必要な実費(収入印紙代・郵便切手代・謄写費用等)は別途ご負担いただきます。

その他のご相談に関する弁護士費用につきましては、それぞれご相談の上決定させていただきます。
すべての事件につきまして、業務が1年以上の長期にわたるときは、別途、追加の着手金をお支払いいただくことがあります。