業務内容

債権回収

金銭の回収にお困りの際は、
実績のある弁護士にお任せください。
適切な回収方法をご提案します。

事業を営む際、売掛金・報酬金などの債権回収の問題は避けることができません。
個人・非事業者の方であっても、貸金のみならず養育費といった債権を回収をしなければならないような法律問題が発生する場合があります。

その場合、弁護士が相手方と交渉することで、債権の支払いが確保される可能性もあります。
また、場合によっては,民事訴訟・民事執行・民事保全などの法的な手続をとらなければならないということもあります。こういった法的手続によって金銭を回収することを「債権回収」と呼んでいます。

債権回収は、法律のプロである弁護士に依頼すれば、裁判所を使う手段の中から、速やかに適切な手段を選択し、実行することになりますので、債権を回収できる可能性が高まります。また、債権には「時効」があります。
債権の時効については、民法上、原則として10年と定められていますが、それよりも、短期間の時効が定められているケースが意外と多いので注意が必要です。
例えば、商品の売却代金は、2年で時効にかかります。

この場合、債権が時効にかからないよう、やはり迅速な対応が求められます。
「あと少し待ってから督促すればいいかな…」
「あと少し経ったら支払うって言ってるし…」
それでは手遅れになる危険性があります。手遅れになる前にご相談ください。

債権回収に関するお問い合わせはこちら

債権回収に関するご相談は無料です。まずはお問い合わせください。

業務内容一覧に戻る