業務内容

刑事事件

逮捕された後、
拘束期間が長引く場合が往々にしてあります。
早期の身柄解放、被害者との示談など、
是非弁護士にご相談ください。

刑事事件では、全く身に覚えのない罪で逮捕されてしまう可能性もあります。
しかし、被疑者が自分一人で事件を否認し続けても、思わぬ結果になり、拘束期間が長引くことが考えられます。
警察や検察の言うなりになって、必要以上に重い刑罰や無実の罪(冤罪)を着せられたりそういったことにならないためにも、弁護士のアドバイスの下、適切な対応を取っていくことをおすすめします。 
また、逮捕された結果、早期に釈放されなければ、会社を何日か休まなければならなくなり弁護士による、身柄解放に向けた弁護活動が必要となります。

被害者と示談しにくい状況であったり、被疑者本人と面談ができない場合、突然逮捕されてしまった大切な人を守りたい方も、弁護士にご相談ください。

刑事事件に関するお問い合わせはこちら

刑事事件に関するご相談は無料です。まずはお問い合わせください。

業務内容一覧に戻る