業務内容

業務妨害対策

著作権侵害に基づく差止請求については、
専門的な判断が必要となります。
まずは弁護士にご相談ください。

業務妨害とは、特許や実用新案について多いのは、自分の特許権を侵害されたので、その差し止めと損害賠償を請求して欲しい、というものです。その場合、最も重要な争点は、侵害があるかどうかです。
裁判所は、明細書の特許請求の範囲の欄の記載に基づき、厳格に判断するため、裁判を起こす前に十分な検討が必要となります。著作権侵害の場合には、差止請求、損害賠償請求、不当利得返還請求といった法的処置をとることができます。
また、近年、企業におきましては、暴力団や暴力団員等の反社会的勢力の排除が強く要求されています。

サルート法律事務所では、反社会的勢力からの不当要求に対する対応の仕方などについて豊富な経験を有しており、反社会的勢力に対しても毅然とした対応を行うことができます。

実際に今現在反社会的勢力との間で問題が生じていなかったとしても、企業のコンプライアンス・予防法務の観点から、反社会的勢力排除のための組織や規定の策定などについて、アドバイスいたします。
業務妨害対策でお困りの方は、ご相談ください。

業務妨害対策に関するお問い合わせはこちら

業務妨害対策に関するご相談は無料です。まずはお問い合わせください。

業務内容一覧に戻る