業務内容

顧問弁護士業務

コンプライアンスに対する
世の中の関心が集まっている昨今、
会社のコンプライアンスを
もう一度見つめなおしてみませんか。

顧問契約とは、弁護士事務所との間で締結する契約です。日常の法律相談、契約書のチェック、内容証明郵便等の書面の作成等です。
この他にも、訴訟対応や社内体制の構築等、会社の法律問題に関する仕事を幅広く行います。企業活動においては、取引先間との法律問題、従業員間とのトラブル、顧客からのクレーム、コンプライアンス違反に関連する問題など、様々な法律問題が発生します。「法律の専門家」が企業の経営課題をワンストップで解決いたします。近年、コンプライアンスという概念が世間に浸透してきたこともあり、弁護士との間で顧問契約を結ぶ企業が増加しています。また、深刻な問題が発生することを回避するために、日頃からトラブルを未然に予防しておくことが重要です。

日々の法律問題への対応や会社のコンプライアンスを強化するため、サルート法律事務所の顧問契約制度を利用してはいかがでしょうか。

顧問弁護士業務に関するお問い合わせはこちら

顧問弁護士業務に関するご相談は無料です。まずはお問い合わせください。

業務内容一覧に戻る